社長になったその後と、これからの道のり

メイクアップアーティストを経て、女社長として生きるヒラノマリナの東京⇄鹿児島ライフ

イベントのお知らせと化粧品開発のいろいろ

今日から直子さんが鹿児島入り✈︎

 

ヘアメイク兼、弊社コスメティックエディター
としても活動してくれています。

 

今日も終日、

国産スキンケアブランド│MAR apelar(マールアペラル)

の打ち合わせ。

 

ヒラノUV。。。(笑

去年の試作品。

 

f:id:marinba38:20170609003302j:image

 

つくりたいものを

現実へ向けて進めていく

わくわくはたまりません。

 

大変だけど。。。

それ以上の感動が。。。

 

待ってるんです。

 

先週は、パシフィコ横浜

開催されていた

www.citejapan.info へ。

 

f:id:marinba38:20170609000921j:image

 

たくさんの

原料や容器や、

メイクアイテム。

 

夢がどんどん広がって、

やりたいことが次々と。。。😳


丸2日間。

 

それでも時間が

足りなくて

まだまだ見たかったーーーー!!!

 

f:id:marinba38:20170609000658j:image


作りたいもの
届けたいもの


実現へ向けて

1つ1つこなしていこうと

2人で言い聞かせながら、

資料を大量に抱えて帰宅。

 

ここ最近では、

マール東京オフィス

内装工事の打ち合わせも

進めつつ、

 

マールアペラルが、

神楽坂にある美容室の

仲間入りが決まったり

(詳細は後日)

 

f:id:marinba38:20170609000902j:image

 

南青山のセレクトショップ

stytice.comの応援で、

鹿児島の老舗デパート山形屋にて

 

f:id:marinba38:20170609093841j:image

 

お手伝いをさせて頂いたり。

 

f:id:marinba38:20170609093700j:image

 

お母さんに伝えたい

嬉しいことがたくさん

起こってる。

 

寂しくてたまらないけど。

 

母と紡いだ幸せを

誰かに紡ぎたい。

 

そんな気持ちで

頑張ってます。

 

今週末の土日は、

鹿児島中央駅アミュ広場で

開催されるイベントに出展〜。

 

www.amu-kagoshima.com

日時:6.2(金)~6.11(日) 10:00-20:00
場所:アミュプラザ鹿児島(アミュ広場)
ブース:鹿児島美人計画

※マールアペラルの出展日は、10日と11日の2日間となります。

 

直子さんも一緒です。

私の幸せ探しは続きまーす✈︎

 

イベント詳細はこちらより

【出展のお知らせ】Delight park@AMU広場(鹿児島中央駅) | 国産スキンケアブランド│MAR apelar(マールアペラル)

 

 

息をのむ美しさとはこのこと

先日、大切な友人の結婚式に

出席してきました。

 

数年前、某CM撮影で

出会った彼女とは

同郷ということで意気投合。

 

約1ヶ月間、海外へ2人旅に出たり、

中目黒にあったバーで

一緒に飲み明かしたり。

 

年下なのにいつも

支えてもらってるんだな〜笑

 

母にも見せてあげたくて、

母の服を着て出席しました。

 

少し早く到着して、

リハーサルしている姿が見えた!

 

 f:id:marinba38:20170607224622j:image

 

途端に。。。

 

涙が。。。

 

f:id:marinba38:20170607225124j:image

 

美しすぎて

ハッと息をのむ感覚。

 

自分でもびっくりするくらい

胸がいっぱいになって

涙が溢れてしまった。

 

f:id:marinba38:20170607225305j:image

 

彼女自身が放つ

光のようなオーラに

すっかり包まれた感じ。

 

f:id:marinba38:20170607224900j:image

 

本当にお似合いの2人

 

 f:id:marinba38:20170607224921j:image

 

久々の再会もあり、

みんな幸せそうで良かった。

 

かなさん、元気な赤ちゃん

産んでくださいね♡

 

  f:id:marinba38:20170607225223j:image

 

この日は母の旅立ちから

ちょうど4ヶ月。

 

母への感謝の気持ちを

込めてつくった商品が、

 

ギフトとして

大切な皆さんの元へ。

 

f:id:marinba38:20170607230913j:image

 

とっても嬉しかった。

 

心からおめでとう。

そして、ありがとう✨

 

 

成城石井で生活がかわる

母の日が過ぎ、

あっという間に5月下旬。。。

 

先週から東京〜

 f:id:marinba38:20170525082152j:image

 

父のことはとても心配だけど、

彼氏みたいに毎日メールしてるから

大丈夫なはず(笑

 

旦那は、プチ断食中らしく

生命力を奮い立たせて

頑張ってるようす。

 

こちらは、

近所に成城石井ができて、

充実食生活。

 

産地へのこだわり、

化学調味料不使用品、

女性の心を踊らせる

アイテムが並ぶ。

 

価格も良心的。

 

1人暮らしにも、

家族にもうれしい。

 

うん。

すばらしい!

 

パクチー好きとして

気になったアイテムを

ゲットしてみたくなる。

 

そんな〇〇好きの

人にも対応できる

品揃え。

 

f:id:marinba38:20170524174301j:image

 

そんな話を旦那にしたら、

お義母さんもリサーチ済み。

 

プレミアムチーズケーキ

が話題らしい。

 

matome.naver.jp

 

帰りに買って帰りますね♡

 

それぞれの場所で

家族一丸となって

奮闘中。

 

それができるのも

お母さんとの愛に溢れた

思い出があるからだとおもう。

 

母への思いを形にした

アペラルの新商品も

東京の各店舗に並んでいます。

 

有楽町にある

かごしま遊楽館3階

 

f:id:marinba38:20170525082643j:image

 

南青山 LILAC by Stytice

 

f:id:marinba38:20170525083407j:image

 

そして、次なる新商品へ向けて

容器の打ち合わせも

同時進行〜

 

f:id:marinba38:20170525083629j:image

 

取扱い店舗さんの

ディスプレイ掃除、整理

にもまわります。

 

f:id:marinba38:20170525082145j:image

 

悩むことも多いけど、

わたしらしく手をかけて、

大切に届けれるうちは

このスタイルで心を込めて。

 

今日は東京事務所の大掃除〜!

次なるステップへの第一歩。

 

京都で愛とアートを堪能

最愛の母への気持ちを

整理して大切に前へ進もうと

はじめたこのブログ。

 

経営のことやヘアメイクのことより

母のことを書くことが多い。

 

今のこの気持ちは

今しかないし、忘れないように

書き留めておきたいから。

 

いつか私も母になる時がきたら、

こんな素敵なおばあちゃんだったんだよって

伝えたいしね。

 

ゴールデンウィークに入る前、

ふと思い立って京都へ。

 

連休前は、安く行けて人も少なくて

ゆったりしたい人にはおすすめ。

 

京都では国際的な写真フェスティバル

京都国際写真祭が開催されています。

 

2017年のテーマは「LOVE」

 

わたしがもらったたくさんの愛。

これから繋ぐ愛。

 

愛について漠然と考えながら、

京都とアートを堪能してきました。

  

f:id:marinba38:20170506091501j:plain

 

京都の歴史的建造物、

現代空間に展示された

 貴重な作品の数々。

 

京都駅の上ではアニエスベー本人が集めた

73点のフォトコレクション。

 

f:id:marinba38:20170506134216j:plain

 

残念ながら本人には会えなかったけど、

トークショーを聞きながら写真をみれたのは

よかった。

 

新風館の受付で手続きすると、

BMWの自転車が無料で借りれる特典も!

 

f:id:marinba38:20170506134143j:plain

 

f:id:marinba38:20170506091604j:plain

 

アラーキー × 建仁寺(両足院)

 

f:id:marinba38:20170506091625j:plain

 

Robert Mapplethorpe × 誉田屋源兵衛(竹院の間)

 

f:id:marinba38:20170506102043j:plain

 

Isabel Munoz × 誉田屋源兵衛(黒蔵)

 

f:id:marinba38:20170506091706j:plain

 

Sophie Ebrard × FRANK WORK STUDIO

 

f:id:marinba38:20170506091527j:plain

 

TOILETPAPER × ASPHOFEL

 

f:id:marinba38:20170506111420j:plain

 

そして、NY時代の

友人の個展へ。

 

写真家 Yuna Yagi(八木夕菜)

SPACE FOR PRAYER =祈りの空間

 

京都には、この写真を見にきたのかな

というほど、不思議な何かに

導かれたのだと思う。

 

久々の彼女との再会で、

何か落としどころを探していたのかも。

 

f:id:marinba38:20170506091617j:plain

 

3人の日本人建築家が

手がけた葬祭場。

 

故人を想い祈る空間

現代日本人の死生観を

捉えようとした写真。

 

生と死がなんだか

やさしい空気感で

そこにある気がしました。

 

f:id:marinba38:20170506111608j:plain

 

人間いつかは、とわかっていても

遠ざけていた最愛の母の死。

 

どう受け止めていいかわからない

どうしようもない感情に

何かを求めてたどり着いた

今回の京都。

 

静かに過ぎていく時間は

心に優しく響くものがありました。

 

もうすぐ母の日。

 

母のいない

初めての母の日は

悲しすぎるけど、

 

「まり〜、しっかりよ。

あなたなら大丈夫!」

 

って言われてる気がする。

いつか母に会える日を楽しみに。

 

夕菜ちゃんの個展、

ぜひ、行かれてみてくださいね!

 

YUNA YAGI(八木夕菜)

SPACE FOR PRAYER

2017.4.28-5.14

@BIJUU GALLERY

 

京都国際写真祭も、

2017年5月14日まで。

 

f:id:marinba38:20170506111613j:plain

土曜の夜に、ひとりごと

わたしも36歳になり

小さい頃に描いてた、

子だくさんの未来とは

少し違うけど、

 

いろんな感情と

めまぐるしく付き合いながら

前を向いてたくましく

歩いている。

 

f:id:marinba38:20170422234746j:image

 

今月の東京ウィークは

社長ウィーク。

 

東京の部屋に

残してある

岡崎京子の漫画を

読みながら

昔の余韻に浸る。

 

f:id:marinba38:20170422234116j:image

 

今までの東京仕事は、

ヘアメイクの撮影が

主だったけど、

最近は社長業が多く、

手応えを感じてきた。

 

というより、

手応えを感じれる

動きができるスタート地点に

立った感じ。

 

少し前までは、

社長と呼ばれるような

ことできてないし、

社長と呼ばないで、と

思ってたけど今は違う。

 

マールの社長として

会社を成功に導きたいと

強く強く思うようになってきた。

 

今までは、私の力で

仕事をとって

縁を繋げて

まわりの大切な友人や仲間に

仕事をまわしたい。

 

って思ってた。

 

気持ちだけが先走って

思いと現実の差に

悲しく苦しい時期もあった。

 

でも今また

何かが動き、

まわりはじめている

そんな気がするんです。

 

等身大のわたしで

夢を語り、悩み、

また進む。

 

諦めない。

やめない。

 

それぞれに

それぞれのタイミングで

未来をみて歩いてる。

 

f:id:marinba38:20170422234314j:image

 

思いをかたちに。

 

f:id:marinba38:20170422234511j:image

f:id:marinba38:20170422234237j:image

 

もう肩ひじ張らずに

ありのままに。

  

f:id:marinba38:20170422235345j:image 

 

13年前
中野新橋の一軒家で
生まれたテテちゃん。

 

まだ元気。

 

 

 

 

母の日に込めた思いと、かたち

今回の東京行きの飛行機は、

泣かなかった。

 

というより低気圧の影響で

飛行機が揺れまくりボンバーで

それどころじゃなかったです(笑

 

さてさて

 

MARapelarの新商品発売へ向けて

全力で動いてるわけですが、

そこに込めた思いを綴ります。

 

漠然とですが、母が病気になってから

母のいない母の日がくるかも

しれないことがどこか不安で、

 

来年も無事迎えられますようにと、

祈るように過ごしていた気がします。

 

f:id:marinba38:20170418171706j:plain

 

そして大好きな母が旅立ち、

本当にそんな日がきてしまった。

 

このどうしようもない気持ちは

泣いても泣いても消化されなくて、

ただただ寂しくて苦しい。

 

だからこそ、今回どうしても

母の日に新商品を出したいと

思いました。

 

とてつもなく寂しい気持ちを

私自身が少しでも力に変えて、

母への感謝の気持ちとして

形にしたかった。

 

どうなるかわからないけど、

少し前向きに進める気がしました。

 

その商品は、マールアペラルを

いろいろな業種の人たちにも

気軽に使ってもらいたい気持ちで、

去年から試作を進めていたものです。

 

 

母の看病をする中で、

消毒するためによく

手を洗っていたこともあり、

市販の肌に優しいもの

を選んで使っていたものの、

手が乾燥で荒れてしまったりと、

 

もっと優しいものがあればいいなと

 思っていました。

 

そんな中、試作も最終段階に入り、

母も喜んで使ってくれていました。


天国へ旅立つ前日も、

香りで癒され病室がほっこり

していました。

 

母との温かい思い出の商品

でもあります。

 

母の日に最愛の母がいないのは

耐え切れません。

 

でも耐えて進まないといけない。

 

そんな弱音を吐いてたら

母に怒られるもんね。

 

だからこそ、心を込めて

届けたいと思っています。

 

母がいっぱいのお花に

包まれるように

パッケージにはお花のイラストを。

 

 

f:id:marinba38:20170418174352j:plain

 

母が好きだった

カレンデュラマリーゴールド

と優しい野花

 

f:id:marinba38:20170415215929j:plain

 

優しくて温かくて

かっこいいお母さんへ

 

f:id:marinba38:20170418171625j:plain

 

マールユナイテッドのみんなで

心を込めて取り組みました。

 

いつも温かい愛を

ありがとうございます。

 

人生のささやかな日常に

優しく寄り添いたい。

そんな思いです。

 

f:id:marinba38:20170418171430j:plain

 

・クリエイティブディレクター / 川畑真希子

(香りの調合、テクスチャー等中身のディレクション

・ロゴパッケージデザイン / 江頭広眺子

・イラスト / 佐藤彩

・デザインチーム/ 相良弥生

・コピー、企画、アイデア

フクマリエ、中野祐希栄、石部直子、田平みずか、二見絵莉子

・WEB / フィリアデザイン

 

f:id:marinba38:20170415220132j:plain

産みの苦しみ、未来の喜び

あっという間に土曜の夜。

 

いつものようにご飯を食べて、

旦那は慣れない絵コンテを書いている。

 

父は、ついにインスタデビュー(2017.4.15)

 

プロフィール写真は、

本人が昔、水彩画で描いた自画像をアップ。

 

なかなか

あじがあっていいでしょ。

 

f:id:marinba38:20170415230552p:plain

 

父は今年で64歳。

 

全く未知の世界だから

どうなることやら。。。笑

 

さてさて、

 

今週は、マールアペラル新商品

発売までの最終工程へ向けて

ダッシュで駆け抜けた1週間!

 

今回の新商品は、

人生のささやかな日常に寄り添いたい。

そんな思いで生まれました。

 

そう。

 

家族でご飯を食べたり、

SNSをはじめてみたり、

ゴロっとしたり。

 

ささやかな日常。

 

どうしても母の日に

間に合わせたい

理由があったから。

 

みんなに無理なお願いをしながら

着々と進めてきました。

 

試作自体は、

去年から準備をすすめ、

かれこれ1年くらい。

 

コンセプト、思いをデザイナーと

共有し、希望を伝えてそれを

デザインにおこしてもらう。

 

マールチーム全員と

話し合いながらデザインを選んでいく。

 

ボトルの形、色を決め、

ラベルの色、文字の色、用紙を決めていく。

 

色もいっ〜ぱいあるから

悩みます。。。

 

f:id:marinba38:20170415215947j:plain

 

デザインが映えるもの。

テンションがあがるもの。

 

f:id:marinba38:20170415215938j:plain

 

打ち合わせも連日連夜。

 

打ち合わせしているだけで、

大声を出したくなるほど

わくわくするのだ!!!

 

f:id:marinba38:20170415220244j:plain

 

たくさんの人たちの

それぞれの思いが1つの商品になる。

 

小さな会社だからできる

あたたかい商品づくりだと思っています。

 

今年の母の日は、

私にとって特別な日。

 

この思いは次回綴ります。

 

f:id:marinba38:20170415220132j:plain